デザインのプロセス 7人の気鋭デザイナーに学ぶ仕事のやり方、考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加   


7人のデザイナーがそれぞれのテーマで実際にデザインする過程を追った、メイキング型の教科書です。
デザインの第一線で活躍する気鋭のデザイナーたちが、実際に手がけた仕事を題材に、それぞれの得意分野で、デザイン工程の裏側を細かく解説していきます。

仕事の依頼が入るところからはじまり、打ち合わせ、ラフ提案、スタッフワーク、フォトディレクション、デザイン制作、印刷、加工、納品にいたるまで、そのときどきで、何を考え、どのように判断し、クライアントに応えていったのか、臨場感のあるドキュメントとして追体験することができます。

本当だったら、そのデザイン事務所に入って近くで見ていないとわからないような、リアルで詳細なプロセスです。そのデザイナーの傍らに立って見学している気持ちで読み進めていけば、デザインの考え方や進め方の引き出しが増えることでしょう。

【本書の主な内容】
イントロダクション
―デザインのプロセス―を読む前に 押さえておきたいデザインのツボ

○カイシトモヤ
「CDジャケットをつくる」
ジャケット・歌詞カードデザインとフォトディレクション

○タキ加奈子
「フリーペーパーをデザインする」
制作スタッフの選抜から、撮影、誌面デザイン、印刷入稿までのプロセス

○増永明子
「お茶のパッケージデザイン」
老舗茶屋の顔づくりと商品パッケージの刷新

○原野賢太郎
「ポスターをつくる」
冊子やWebと併せて展開する入社案内のキービジュアル

○佐藤浩二
「シンボルロゴをつくる」
規模・業種の異なるクライアントのための3つのロゴデザイン

○酒井博子
「小型グラフィックをつくる」
遊べる -しかけ- のあるノベルティカードと封筒のセット

○高谷 廉
「フライヤーをつくる」
ジェラート店のロゴと開店告知フライヤーのデザイン
グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさん、Webデザイナーさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

Go Back Category Page!