あたらしい模様・柄・パターンのデザイン―NEW JAPANESE PATTERN DESIGN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加   


幾何学模様や動植物、またはマークなど、模様やパターンを構成する要素は実にさまざまです。
それらを組み合わせ、展開させることで、模様や柄、パターンは無限に広がります。
模様やパターンは汎用性が高く、ポスターやDM、パッケージ、ショップツール、
各種プロダクトなどにまで応用がきき、多様にメディア展開するブランディングやプロモーションにも多く取り入れられています。
また、モチーフや配色を連続して見せることで強く視覚に訴え、パターンや柄そのものをブランドアイデンティティーとして使用することもできます。
本書ではこうした模様や柄、パターンを用いて制作されたグラフィックやプロダクトを約100点集めて紹介しています。
模様やパターンの優れた作品集としてはもちろん、模様・柄・パターンを効果的にデザインに用いるテクニックも読み取れる内容となっています。
グラフィックデザイナーさん、プロダクトデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

Go Back Category Page!