2014年6月アーカイブ

デザインエージェンシー「Heydays」


ノルウェーを拠点に活動するデザインエージェンシー「Heydays」
パッケージやイラストの制作、ロゴデザイン、およびWebデザインやアプリケーション開発等
様々な分野に取り組んでおり、デザイン業界、Web業界で幅広く活動している企業です
ホームページで是非「Heydays」の手掛けた作品の数々をご覧下さい。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://heydays.no


アートとデザインの世界は、作品の構造やベースを作るにあたり、ある種の数学的概念に依存し続けてきました。特に幾何学は構成の基礎とされていますが、近年になって明らかにモチーフとしての人気が高まってきています。
本書は、さまざまな形で応用された、あたらしい幾何学的デザインとアートを紹介します。
アート、写真、グラフィックデザイン、イラスト、インダストリアルデザイン、ストリートアート、建築のセクションにまとめたカラフルで刺激あふれる1冊です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Gokú」


フォントデザイナー「Anthony James」制作によるフリーフォント「Gokú」。
ポートフォリオサイトでも是非「Anthony James」の作品をご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.anthonyjamesart.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

やさしいレイアウトの教科書


レイアウトの基本が身についていないと、時間をかけて文字や写真をあれこれ配置してみても、
見づらさや読みづらさが目立ってしまったり、おもしろみのない紙面になってしまいがちです。

本書は、このようなレイアウトでお悩みの方のために、
レイアウトの考え方とルールをまとめた入門書です。
「そもそもレイアウトとは何をすることなのか」という基本的な考え方から、
「版面率」「ジャンプ率」「整列」「グリッド」などのレイアウトの必須セオリー、
写真・イラストの活かし方や配色の手法などの基礎知識が身につきます。
さらに「高級感をもたせたい」「躍動感をもたせたい」「インパクトをもたせたい」といった
ケース別にレイアウトのアイデアも解説。
最後にまとめとして、レポート、フライヤー、パンフレット、
カフェメニューのレイアウトを、素材を見ながら考える実習も設けています。

グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デジタルエージェンシー「BrightMedia」


ポーランドを拠点に活動するデジタルエージェンシー「BrightMedia」
ブランディングおよび付随するWebサイトやアプリケーションのデザインと開発を主に行っており
web業界で活躍されている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://brightmedia.pl

+DESIGNING 2014年 08月号


特集テーマは「ビジュアルの扱いかた」。
なかでも写真を中心に、デザインのなかでどう活かしていくか、その考えかたとテクニックを解説しています。

デザインメソッドパートのタイトルは「写真の色と構図が読めればデザインはもっとうまくなる」。
素材の写真が万全じゃないときでも、ちょっとしたアレンジを加えることで、デザインがぐっとよくなることがあります。この特集では、写真の「色」と「構図」というふたつにスポットを当て、どういった視点でビジュアルを見て、どういうかたちが理想形かを思い描き、レタッチ&デザインテクニックを駆使してそこに到達するか、そのための方法論を紹介しています。また、こうしたレタッチ作業の際に欠かすことができない、選択範囲について、まるまる13ページで徹底復習。選択範囲がうまく作れるようになれば、補正から合成まで作業効率は格段に上がるはずです。
このほか、レイアウトアプリケーションで、後から色をつけられる、グレースケール・2階調データの扱いかたなどについても紹介しています。
ミニ特集では、すでに利用されている方も多い印刷通販や、これからますます期待が高まるオンデマンド、自らの作品を作って売るマーケットプレイス、自身で機材を使いこなしてものづくりをするFABについて触れています。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「SIMPLIFICA」


デザイナー「K A I W A」制作によるフリーフォント「SIMPLIFICA」。
ポートフォリオも素敵です。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
https://www.behance.net/kaiwa

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

絵本をつくりたい人へ


「初心者から中級向けの「絵本実践トレーニング」の本」

名だたる絵本作家と数多くの絵本を作り、
酒井駒子氏や島田ゆか氏など第一線で活躍するプロを輩出してきた土井章史氏のノウハウをギュッと込めた1冊。
本づくりの基礎を知ることから出版までの具体的なハウツーに、プロのインタビューなど、
まさにワークショップを受けているような実践的内容。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


デンマークのコペンハーゲンを拠点に活動するクリエイティブスタジオ「Your Local Studio」
ブランディングからWebサイトの作成・開発および印刷物も手掛け、Web業界、クリエイティブ業界で幅広く活動されている企業です。
ホームページのデザインもとても素敵です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://yourlocalstudio.dk

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2014


亀倉雄策賞 JAGDA賞 JAGDA新人賞 他、日本のグラフィックデザイン 秀作600点

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2014』。
毎年、厳正な選考を通過した約600点(1,500図版)を紹介しています。
また、全出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に贈られる「亀倉雄策賞」、
カテゴリーごとに特に優れた作品に贈られる「JAGDA賞」、
今後の活躍が期待される、有望な若手グラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」を今年も選出。
世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を伝えつつ、データベース性も持たせた、実用性の高いデザイン年鑑です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


言葉では伝えられない視覚情報のデザイン「ヴィジュアル・コミュニケーション・デザイン」の
視覚・造形の発想力を磨くために必要なデザイナーなら知っておくべきデザインの基本から、
コミュニケーションの原理やレイアウト知識、広告制作のポイントなど武蔵野美術大学の講師でもある著者が論理的に解説しています。
また、実際の広告や雑誌などを使って詳しくデザインを分析しているので、具体的なデザイン理論や思考がわかりやすく理解できます。
これからデザイナーを目指す人に最適な1冊です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Mohave」


フォントデザイナー「Gumpita Rahayu」制作によるフリーフォント「Mohave」。
ポートフォリオも是非ご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
https://www.behance.net/gumpita

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

クリエイティブスタジオ「Karoshi」


イギリス、ロンドンを拠点に活動するクリエイティブスタジオ「Karoshi」
クライアントのデザインコンサルタント、デザインを主に行っており
デザイン業界、Web業界で活躍されている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://teamkaroshi.com


言葉では伝えられない視覚情報のデザイン「ヴィジュアル・コミュニケーション・デザイン」の
視覚・造形の発想力を磨くために必要なデザイナーなら知っておくべき
デザインの基本から応用テクニック、
色彩や文字表現の知識を武蔵野美術大学の講師でもある著者が、
幅広くデザインについて論理的に解説しています。
伝わるデザインを徹底的に分析し、造形思考を磨くことに特化した内容なので、
これからデザイナーを目指す人に最適な1冊です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Uni Sans」


「Fontfabric」よりフリーフォント「Uni Sans」。
下記ホームページより様々なフォントをご覧頂けます。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://fontfabric.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

デジタルエージェンシー「ACHTUNG!」


オランダに拠点を置くクリエイティブエージェンシー「ACHTUNG!」
数々の有名企業をクライアントにもち、様々なキャンペーンやWebサイト作成に携わり
Web業界・クリエイティブ業界で活躍されている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.achtung.nl/#


「ふんわり」明るい写真の人気がカメラ女子を中心に定着しましたが,
カフェ雑誌やインテリア雑誌のような「こっくり」と色が乗った濃厚で落ち着いたテイストの写真もまた魅力的です。
光の向き・露出・色調・コントラストなどを操ることで,どちらも撮れれば写真の幅がぐんと広がります。
「ふんわり」はむらいさち氏、「こっくり」ははやしまゆみ氏をお手本にして、
それぞれの魅力と撮り方を理解していきます。
写真の面白さに目覚めた人に、表現の幅広さと撮影術を同時に身につけられる、光と色を自在に操るための教科書です。
フォトグラファーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


レディー・ガガのニューアルバム『アートポップ』にて、錯視作品がメインビジュアルに使用されるなど
錯視アートで注目を浴びている錯視の第一人者"北岡明佳氏"による最新アートワーク作品集。

『アートポップ』で使用された作品「ガンガゼ」や人気作「蛇の回転」など、最新作を多数収録。
不思議で美麗な錯視ワールドへ案内します。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Porto font」


フォントデザイナー「UPPERTYPE」制作によるフリーフォント「Porto font」。
ポートフォリオも素敵です。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://uppertype.net

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。


フランスを拠点に活動するクリエイティブスタジオ「Thirty Dirty Fingers」
様々なグラフィック、またWebサイトの設計および開発、アートディレクションに写真撮影と
幅広くクリエイティブ業界、Web業界で活動されています。
彼らの作品やポートフォリオサイトの独特の雰囲気が魅力的な企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://thirtydirtyfingers.com

お勧めフリーフォント「Benito」


フォントデザイナー「Mateusz Machalski」制作によるフリーフォント「Benito」。
ポートフォリオではフォントの他にMateusz Machalskiの手掛けたグラフィック作品もご覧頂けます。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
https://www.behance.net/mateuszmachalski

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。


文字を楽しむデザインジャーナル『TYPOGRAPHY』(年2回刊行)は、
タイポグラフィにまつわる国内外の情報を紹介しています。

04号の特集は「手書き文字の魅力」。カリグラフィー、レタリング、看板文字、
相撲文字など、手書き文字の書き手を訪ね、その書き方を取材。
ほか、書体関係者が世界の街角で撮影した手書き文字や、
手書き系フォントの書体見本、手書き文字をフォントにする方法の紹介など、
一冊まるごと手書き文字を堪能できる内容です。

巻頭記事では、国内外の最新タイポグラフィ作品の紹介、
連載記事では豪華執筆陣による連載7本を掲載。
情報盛りだくさんでお届けします。
Webデザイナーさん、Webディレクターさん、グラフィックデザイナーさんにお勧めの一冊です。

amazon.co.jpで購入する!

Webデザイナー「Chris Perryman」


アメリカを拠点に活動するWebデザイナー「Chris Perryman」
多様なデザインのWebサイトを数々制作しており、Web業界で活躍しているWebデザイナーです。
Webデザインを行う傍らデベロッパーとしても活動しています。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://revelationconcept.com


「男女の垣根を越えた、新しく楽しい「メンズ」デザイン!」

男性誌を女性が読み、女性誌を男性が読む昨今、男性向け雑誌のデザインは進化しています。
従来の「シンプルでスタイリッシュ」から変化を遂げた、巧みなイラスト使いや大胆な写真使いなど、
ユニセックスで表情豊かな「メンズライク」レイアウトサンプル集です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Yeseva One」


フォントデザイナー「Jovanny Lemonad」制作によるフリーフォント「Yeseva One」。
素敵なポートフォリオも是非ご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.jovanny.ru

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

すぐに役立つ!配色アレンジBOOK


パラパラとめくるだけで膨らむ配色のヒントとアイデアが満載!!

プレゼンテーションに使える言語感覚を養いながら配色センスがアップする、自在に使える実用配色ブックの決定版。
多彩なテーマに対応した1,086色のオリジナルカラー。
オリジナルカラーをベースに展開される125組の配色パレット。
全て異なる、2,500点の配色サンプル。
巻末には、身近なテーマに関連した色を探せる便利なキーワード索引がついています。
グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

P.O.P. DESIGN COLLECTION


有名企業79社の店頭P.O.P.デザイン

日用品・化粧品・医薬品・文房具・アクセサリー・家電・デジタル機器・娯楽・乗物・食品・飲料・スポーツ・他 に分類し、
メーカーごとに特徴的な店頭販促ツールを多数掲載。
シリーズ第5弾となる今回も、メーカー・制作会社より様々なタイプのPOPを集めました。
店頭で目にしたことがあるものから、初めてお目にかかるものまで関係者の方々は要必見の1冊です。
グラフィックデザイナーさん、プロダクトデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

色彩センス


マーケットで勝ち残れる配色と色彩戦略がわかる1冊

デザインにおいて色をセンスよく、効果的に使うことは常に大きな課題です。
本書では、400以上の配色を、今のデザインシーンにマッチしたイメージワード別に見ることができます。
また、新しい配色ガイドライン「カラークロックシステム」を日本で初めて紹介します。
広告・ディスプレイ・パッケージなど具体的な実例も数多く掲載した本書は、好評の既刊本「色彩力」の続編として、色彩のプロフェッショナルにを目指す人にとって必携の1冊です。
グラフィックデザイナーさん、エアートディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デジタルエージェンシー「MediaMonks」


オランダを拠点に活動するデジタルエージェンシー「MediaMonks」
ブランドやキャンペーンの為のデジタル作品の制作や、ゲームなどデジタルならびにweb分野で幅広く活動されている企業です。
デジタル分野に特化したチーム体制を整え、様々なプロジェクトに携わっています。ている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.mediamonks.com

イイダ傘店のデザイン


人気傘店のオリジナルテキスタイルとオーダー傘を一挙公開

植物・動物・食べ物などをモチーフにしたオリジナルテキスタイルを使い、
1本1本受注生産で作られる傘が人気のイイダ傘店。
本書では、これまでのテキスタイル&傘コレクションを、
工場取材や日々のスケッチなども交えつつ紹介。
丁寧なものづくりの裏側がわかる1冊です。
グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


「FONTSPRING」よりフリーフォント「Ponsi Rounded Slab」。
ホームページでも是非たくさんのフォントをご覧頂けます。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.fontspring.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

GRAPHIC DESIGN 2014


『今』を象徴するグラフィックデザイナー150組を一望できる
『究極』のデザイナーズ・ファイル

『ILLUSTRATION 2014』の姉妹本となる、『今』のグラフィックデザイナー150組が
手がけた多彩なデザインワークをアーカイブした書籍『GRAPHIC DESIGN 2014』。

GRAPHIC DESIGN 2014のカバーグラフィックを手がけるのは、
「スティービー・ワンダー」や「MIYAVI」、「m-flo」や「Mr.Children」、「Boys Noize」といった、
著名ミュージシャンやLAFORET原宿、NY「Ace Hotel」などのアートワークを担当し、
国内外で高い評価を得ている最注目のグラフィックデザイナー、YOSHIROTTEN(ヨシロットン)。

『今』のグラフィックデザインをアーカイブした図録として、永久保存版の一冊。
グラフィックデザインの最新潮流を俯瞰するためのビジュアルブック、
旬のデザイナーに仕事を依頼するための参考資料といった用途で、
「GRAPHIC DESIGN 2014」をぜひお役立ていただければ幸いです。
グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デザイナー「Ayaka Ito」


アメリカを拠点に活動するデザイナー「Ayaka Ito」
グラフィックデザイナーとして活動するほか、イラストレーター、ブランディング等も行っており、
幅広くクリエイティブ業界で活動されており、
女性らしさや遊び心を感じる作品を多く制作されています。是非ポートフォリオサイトも覧下さい。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.ayakaito.com

お勧めフリーフォント「PIXACAISM」


ポーランドのデザイナー「PAISM」制作によるフリーフォント「PIXACAISM」。
「TYPOETS」というデザインチームの一員として活躍されている彼のポートフォリオも
是非ご覧下さい。
http://www.typoets.org/index.html

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

Web Designing 2014年 07月号


特集は「海外サイトのパーツ図鑑」

熟考されたUI 、あっと言わせるような演出、最新技術を用いた表現など、Webデザインの" 見せどころ"はいろいろありますが、忘れてはならないのは、ほんの些細なアイデアや工夫がサイト全体の印象を左右するということ。「このメニューを使ってみたい! 」「こんなファビコンもあるのか‥‥」など、ちょっとしたデザインに心を動かされることも多いはず。
この特集では、サイトのデザインを彩る細やかな表現を海外サイトからパーツごとに厳選しました。デザインが浮かばない、なにかもの足りない‥‥などと頭を抱えているあなた。まずはパラパラとページをめくってみてください。頭の中でなにかがひらめく瞬間が訪れるはずです。
Webデザイナーさん、Webディレクターさん、Webエンジニアさんにお勧めの一冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デジタルエージェンシー「Mashvp」


フランスを拠点に活動するインタラクティブエージェンシー「Mashvp」
コンサルティング、デジタル戦略、Webデザイン、をはじめに様々な分野で活躍されている企業です。
デザイン性に優れ、またユーザーエクスペリエンスにも気を配ったカスタムウェブサイトを多く作成されています。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://mashvp.com

美術手帖 2014年 07月号


特集は「杉本博司」

現代美術の巨人、杉本博司。
そのパリでの最新個展「今日、世界が死んだ」が注目を集めている。
文明の終焉を描いた同展は、写真のみならず
建築や古物蒐集、演劇と、年々多方面へ広がるその活動の集大成と言える。
この多彩な顔を持つ杉本博司の全貌をとらえるべく、
展覧会に表出した「蒐集家」「数寄者」「建築家」「演出家」「現代美術家」の5つの顔に迫り、
それらに通底する飽くなき探究心の源をたどりたい。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Kankin」


フォントデザイナー「Alex Frukta」制作によるフリーフォント「Kankin」。
ポートフォリオも是非ご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.behance.net/MRfrukta

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

デジタルエージェンシー「Firstborn」


アメリカを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Firstborn」
ブランディングやキャンペーンサイトのデザイン、ならびにWebサイトの制作、デジタルマーケティングなどを行っており主にWeb業界で幅広く活躍されている企業です。
数々の有名企業をクライアントに持ち多数のプロジェクトに携わっています。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.firstborn.com

カラーリング・コレクションブック


レイアウトでの悩みどころ「色選び・配色」そのお手本となる作品満載の資料集が登場です。
今日の仕事にすぐに役立つ配色アイデアが満載!

いいデザインの印刷物をつくるためには、どんな色使いをするかということが非常に重要です。
でも実際に色を決めようとしても、なかなか色選び、配色は難しいもの。
そこで本書では、キーカラーとなる色の使い方、
それに合わせてどんな色を組み合わせるかの配色の参考になるように、カテゴリ分けして、
ページ物からフライヤーやポスターなどの広告物、小型グラフィック、
パッケージなどの紙ものを中心に、優れた色使い・配色の作品を集めて掲載。
色使いに悩んでいる読者のデザインソースとなる資料集です。
グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Otsu Slab」


フォントデザイナー「Thierry Gouttenègre」制作によるフリーフォント「Otsu Slab」。
ポートフォリオサイトも素敵です。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.gouttenegre.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。


カタログやチラシ、オンラインショップ、オークションサイトなどに
商品写真を掲載する機会は誰にでもあります。

コスト削減が唱えられる現在、できれば撮影にかかる費用は抑えたいもの。

そうした観点から、本書では、プロカメラマンではない一般の人が
自分で商品写真を簡単に美しく撮れる、"ブツ撮り"の方法を解説しました。

なるべく身近なものを活用しながら、できるだけお金をかけず、
自宅やオフィスの会議室などで行える、簡単で美しい商品撮影の方法を紹介します。

食材、料理、家電、衣料品、化粧品、家具、ペット、雑貨、
自転車、楽器、工具、植物、文具、貴金属、さらには人物まで、
「モノ別」に撮り方を参照できるのが本書の大きな特長です。
フォトグラファーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デジタルエージェンシー「Creaktif」


フランスを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Creaktif」
グラフィックデザイナー、Web開発者、コピーライター、モーションデザイナーなど
様々な分野のエキスパートが集い、長年にわたりWeb業界で活躍されている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.creaktif.com

COMMERCIAL PHOTO 2014年 07月号


特集は「フォトグラファーのためのプロモーション入門」

プロモーションと言っても、何から始めればいいのかわからない」
「プロモーションはしているけど、今イチ結果につながりにくい」など、
悩みを抱えるフォトグラファー必見の特集。
「なぜ、プロモーション活動をすべきなのか?」という考察から、
フォトグラファーが実際に行なっている活動紹介やADへのインタ
ビューの他、プロモーションに関するアンケート結果を発表。
フォトグラファーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Lintel」


デザイナー「Denis Masharov」制作によるフリーフォント「Lintel」。
フォント制作の他数々のグラフィックも手掛けており、ポートフォリオも素敵です。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.jonathanhill.me.uk

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

タイポグラフィマニアックス


デジタルフォントからインスタレーションまで160種類の優れたフォントを世界中から集めた、
タイポグラフィフォント集。
現代のフォント作りやアイデアソースを徹底的に、そして鮮明に紹介します。

伝えたいことを表現するために、正確な言葉と同じぐらい重要なのが、
美しくわかりやすいフォントです。
本書では、コミュニケーションの中核をなす実際の作品を通じて、
どのようなフォントが「伝わり」やすく、「美しい」のかを読者に提示すします。
フォントデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デザイナー「mmisani」


イタリアを拠点に活動するデザイナー「mmisani」
Webデザイナーやアートディレクターとして活躍するほか、
マーケティングキャンペーンの監督を行うなど幅広い分野で活動されています。
ポートフォリオサイトも魅力的です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.manuelamisani.com

"QUOTATION" Worldwide Creative Journal no.19


特集は「GRAPHICS 2014 グラフィックデザイン/グラフィックの現在」

注目のグラフィックデザイナーインタビューほか、
グラフィックデザイン/グラフィックの現状についてのコラムなど
現在のグラフィック状況をひもとく充実した内容になっています。

■世界の注目のグラフィックデザイナースペシャルインタビュー
Ben Parker/MADE THOUGHT
Daniel Baer/STUDIO BAER
Jessica Hische
Omar Sosa
Yoshihisa Tanaka
Playground Paris

■グラフィックデザインの現状-コラム
Noriko Fujioka
Toshiaki Koga
Kosuke Yamada
世界のグラフィック関係者アンケート
おすすめグラフィックデザイン書籍ピックアップ 他
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Foro Rounded」


フォントデザイナー「Dieter Hofrichter」制作によるフリーフォント「Foro Rounded」。
ポートフォリオでも様々なフォントをご覧頂けます。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.hoftype.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。


大学・専門学校の入学案内を対象としたデザイン事例集です。
少子化が叫ばれる中、大学や専門学校など各教育機関では入学志望者を募るための広報活動が盛んです。
教育理念を伝える明確なコンセプト、楽しいキャンパスライフを想起させる親しみやすいビジュアルづくり、カリキュラムや就職サポートといった複雑な情報の整理......など、大学案内ならではのデザインのポイントを解説し、その「伝わり方」「つながり方」のポイントを70の実例から学びます。デザイナーはもとより、教育機関関係者必見の一冊です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


アメリカを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Purple, Rock, Scissors」
洗練されたユーザーエクスペリエンスと魅力的なコンテンツの豊富なWebサイトの作成のほか
クライアントニーズに合わせたビジネスソリューションの提供を行っており、web業界で活躍されている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://purplerockscissors.com//

お勧めフリーフォント「Moderna」


フォントデザイナー「Mendoza Vergara」制作によるフリーフォント「Moderna」。
ポートフォリオでは思わず使いたくなるお洒落なフォントの数々をご覧頂けます。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.mendozavergara.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

プロのカタログレイアウト


最新のカタログデザインの潮流が一目瞭然!

商品やショップ、ブランドやサービス。これら商品情報やサービス内容の価格や仕様を記した「カタログ」は、写真や文字をわかりやすく魅力的に伝え、美しく整理されたデザインが求められます。冊子のもの、三つ折りやジャバラ折りのものなど、形態はさまざま。
閲覧性が高く、ブランドの世界観を伝えるグラフィックとして、今後もなくなることのない販促ツールでしょう。

本書は衣・食・住などに関わるカタログの、優れたデザイン事例の解説集です。写真の雰囲気や配置、配色、キャプションや見出しの使用書体、モチーフのあしらい、用紙のセレクトなどのアイデアを初心者向けに解説していきます。食品・ファッション・生活雑貨などさまざまな業種から、最新の美しい事例をセレクトし、テイスト別に分類して紹介。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デザインフリーフォント1012


さまざまなデザインにかかせない要素のひとつ,文字(フォント)。そのフリーフォントを1012書体も収録しています。紙媒体だけでなく,WEBページ,各種の商品などにも活用できる,使えるフリーフォントが満載です。フォントの見た目でジャンル分けされ,商用利用についても,可能・不可・有料など,条件がひと目でわかります。プロでもアマチュアでも,デザインを作りたい人なら欲しいフォントがいっぱいです! 
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずエディトリアルデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


スイスを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Hinderling Volkart AG」
企業のWebサイトの作成から、キャンペーン、アプリケーションの作成など、Web業界で幅広く活躍されている企業です。
Hinderling Volkart AGの制作するWebサイトの優れたユーザーエクスペリエンスは高く評価されています。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.hinderlingvolkart.com

お勧めフリーフォント「Bamq Typeface」


フォントデザイナー「Gulay Inceoglu」制作によるフリーフォント「Bamq Typeface」。
グラフィックデザインやWebデザインも手掛ける彼女のポートフォリオも是非ご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://gulayinceoglu.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

Casa BRUTUS 2014年 07月号


特集は「みんなのブラジル」

いよいよサッカーW杯がブラジルで開幕します。
2年後の2016年夏にはリオ・デ・ジャネイロで五輪も開催。世界中の熱い眼差しが、この国に注がれています。
迫力のビックリ建築から、知られざる食材や名レストラン、奇抜なデザインに、ボサノヴァをはじめとしたブラジル音楽まで、ブラジルの魅力をトコトンお伝えします。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

idea (アイデア) 2014年 07月号


特集は「From the 80s to the 80s 現代におけるエイティーズ新解釈」

1990年代末頃からの音楽におけるエイティーズ・リヴァイヴァルからしばらく間を置いて、2000年代後半からイラストレーションにも本格的にエイティーズの波がやってきた。
しかし、1980年代のイラストといって連想する二大潮流「ヘタうま」と「スーパーリアル・イラストレーション」が復興しているのではなく、現代の参照先は「キャラクター」と「アニメ絵」にある。
とくにサンリオをはじめとするキャラクターや魔女っ子アニメといった、女の子がメインターゲットの作品だ。
本特集では、それらの傾向を感じさせつつも、実際の1980年代には存在しない独自のイラストレーションを生み出す8人を紹介する。
なぜいま求められる表現にエイティーズを感じさせるものが多いのか、作品を見ながら検証したい。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


考え方からつくり方まで、すべて詰まったロゴデザイン大全!! 基礎知識からアイデアの発想法、制作技法までしっかり学べます!

ロゴデザインについて本格的に学びたい人に向けた総合解説書です。押さえておきたい基礎知識とセオリーはもちろん、アルファベットや数字などの文字の形によるアイデアカタログ、「もしこんな依頼があったら?」と実際に制作してみたケーススタディ、ロゴを魅力的に仕上げるためのPhotoshopでの加工方法など、ロゴづくりの技術が満載です。さらに実際の企業ロゴを多数掲載した「業種別実例集」も収録、まさにロゴづくりのすべてが詰まったロゴデザイン大全です!!
グラフィックデザイナーさん、WEBデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

限られた色のデザインコレクション


限られた刷り色でデザインされた斬新・効果的な作品を紹介!

1色や2色という限られた刷り色で、効果的にデザインされているポスター・チラシ・DM・カタログ・パッケージなどを世界各国から集めました。色のグラデーションが美しい作品には、色のかけあわせと濃度変化がわかるカラーチャートを、白地に1&2色の作品や色地に1&2色の作品には、使用された刷り色をPANTONEの色見本で掲載。色指定をする上での参考資料として、クリエイター必携です。
グラフィックデザイナーさん、パッケージデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Palo Alto」


「TypeFaithfonts」よりフリーフォント「Palo Alto」を紹介します。
ホームページでもお洒落なフォントの数々をご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.typefaithfonts.nl

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

デジタルエージェンシー「Jam3」


カナダを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Jam3」
新しい開発手法や他分野の技術も積極的にとりいれ、常に挑戦する姿勢を忘れません。
この5年間で世界的な賞を数多く受賞している実績豊富なエージェンシーです。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん、クリエイティブディレクターさん必見です。

http://www.jam3.com

PHOTOGRAPHY NOW!


IMA gallery第一弾展覧会「PHOTOGRAPHY NOW! 」に関連して出版されたカタログ。
コンセプチュアルで深淵なテーマに基づいた作品、コラージュやカットワークを施した作品、カラーシールを貼った一点ものの作品。
ストレートな写真の魅力をとどめたイメージから、思わず「これが本当に写真!?」と聞きたくなるようなユニークな手法まで、多彩な表現が集結。
世界を牽引する若手による「新時代の写真」といえます。

[参加作家]
ジェイソン・エヴァンズ/シャルロット・デュマ/モーテン・ラング/ クリスティーナ・デ・ミデル/
インカ・リンダガード&ニクラス・ホルムストローム/ ネルホル/西野壮平/エド・パナル/題府基之/
ルーク・ステファンソン/クレア・ストランド/シェルテンス&アベネス

フォトグラファーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの一冊です。

amazon.co.jpで購入する!


アジアのクリエイティブが熱い! 10ヵ国の作品が集結!

いま、最も注目すべきアジアのクリエイター150人を一挙紹介!また、アジア10カ国のクリエイティブシーンをリードするキーパーソンがそれぞれの国の現状と未来を語ったインタビューを掲載するほか、各国のクリエイター選出にも彼らの協力を仰いだこの一冊。本書から、アジア、そして世界のクリエイティブが次の時代へと向かうヒントが見えてくる。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならず映像デザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


向井周太郎40余年の集大成!デザインのプロセスと根源を星座のようにちりばめて語る

アブダクション、バウハウス、コスモロジー......デザインに関する重要なことばを星座(コンステレーション)のように散りばめ、そのことばとの出会いや意味世界を探る。「デザインは専門のない専門」だと考え、デザインが対象とする具体的な世界を、生命原理と深くつながったものとして見渡す。 40 年以上デザインを論じてきた著者が思索する、デザインの根原的風景。
グラフィックデザイナーさん、WEBデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


20 世紀、革命とふたつの世界大戦のはざまを駆け抜けたアヴァンギャルドたちの光芒

ダダ、未来派、キュビスム、シュプレマティズム、シュルレアリスム、バウハウス、デ・スティル、そしてロシア構成主義。孤高のグラフィックアーティスト、エル・リシツキーを中心に紹介。ロシア・アヴァンギャルドに加え、ロシア構成主義、モダン・タイポグラフィの希少コレクションを一挙掲載! 第40回造本装幀コンクール審査委員奨励賞受賞。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


世界で活躍するタイプディレクター/書体デザイナーの小林章さんが世界の街角で撮影した標識や看板の文字について語ります。
今回は、日本の標識や看板だけなぜ丸っこい文字(丸ゴシック)が使われているのかに着目し、外国の標識を調べたり、看板職人に取材したりしながら、その秘密に迫ります。
そこには日本だけで丸ゴシックが多く使われてきた驚きの事実が。
そのほか、ヨーロッパ、北南米、アジアで集めた街中の文字やマクドナルド、ルフトハンザ航空で使われているフォントなど、身の回りの文字を観察し、17 か国、350 点の写真を53本のコラムで紹介。書体デザインの第一人者による文字観察本の決定版です。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずフォントデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


おもしろいiPhoneアプリのアイデアが思いついたとしてもカタチにできなければ意味がありません。ただ単にカタチにしただけでは他のアプリと差別化できません。App Storeという巨大な市場で成功するためには、洗練されたデザインと効果的なユーザビリティをもつ個性的なアプリにする必要があります。本書では初期段階の構想から磨きぬかれたインタフェースをつくり出す方法を、端的で明解な原則と豊富な例で解説します。Facebook、USA Today、Twitterrificといった秀逸なUIをもつiPhoneアプリの開発舞台裏を知り、思わずタップしたくなるアプリを作成するためにデザイン、心理、文化、人間工学、ユーザビリティをどのように組み合わせればよいのか読者は知ることができます。日本語版では巻末付録として深津貴之氏による「fladdict流のUIデザイン」を収録しました。
WEBデザイナーさん、UIデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


美しい配色には、それを裏付ける理論・手法がある!
基本から実践技法まで網羅した「配色の教科書」、発刊!

「色とは何か」、「配色とは何か」といった、根本的な基礎知識から、
印象に残る美しい配色を制作する際に活用できる実践的な配色技法まで、
配色デザインに欠かすことのできない全知識を、わかりやすく解説した「配色の教科書」。

プロの発想法やアイデアも満載で、この1冊で配色の基本を習得できる!
人の真似ではなく、独自に美しい配色を作り出したい人は必読・必携!
色を理解すれば、デザインがもっともっと楽しくなる!
豊富な実例と、具体的な色チップで、理解がどんどん進む!
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずエディトリアルデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


ビジュアライゼーションについてのエッセイ集。ビジュアライゼーションは情報のグラフィカルな提示であり、その描写は複雑な情報を一目で明らかにしてくれます。地下鉄の路線図がよい例です。情報をグラフィカルなイメージに変換することで、ただ単に美しいだけでなく、物事の真相と新しい解釈を効果的に生み出す細部の積み重なりを表現できます。本書では学者や技術者、芸術家、分析の専門家など異なる立場でそれぞれのプロジェクトに取り組むその道のプロによるさまざまなビジュアライゼーション手法やツールを紹介します。
日本語版オリジナルの巻末付録を2本収録。情報通信研究機構の井上大介氏と衛藤将史氏には、サイバー攻撃をリアルタイムに視覚化するインシデント分析センター「nicter」と実ネットワークトラフィック視覚化システム「NIRVANA」について寄稿していただきました。監訳者の増井俊之氏には、Edward Tufte氏が近年取り組んでいる視覚化手法「Sparkline」について寄稿していただきました。
アートディレクターさん、インフォメーションアーキテクトさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


2012年12月にHTML5の勧告候補がリリースされ、HTML5の策定作業もゴールが見えてきました。本書は、そのHTML5勧告候補に基づいて、各要素の定義や機能、使い方について、ビジュアルとサンプルを多用してわかりやすくまとめたものです。「HTML5を理解すること」「HTML5でデザインすること」を目標に、できるかぎりの情報を盛り込んでいます。

「HTML5はそのポジションが大きく変わってしまったため、従来の視点からHTML5を眺めてしまうと、見通しが非常に悪いのです。しかし、これまでのHTML/XHTMLの知識をちょっと脇に置いて、HTML5の視点に立ってみると、この新しいHTMLが長い年月をかけて緻密に作り上げられていることが見えてきます。
そして、この緻密さの基礎となっているのが「セマンティクス」です。
このセマンティクスという考え方は、新しく追加されたセクショニングやmicrodataなどの機能に限らず、すべての要素に込められており、これまでのビジュアルによるコンテンツデザインとは異なる、セマンティクスによるコンテンツデザインを実現します。
そして、このセマンティクスによるコンテンツデザインは、WEBの新たな可能性を生み出す、HTML5の最も重要なテーマだといえるでしょう。
そこで本書では、HTML5の視点から、HTML5を理解することを目標に各要素に関する解説を行っています。」(著者「はじめに」)
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


さまざまな告知・宣伝のために作られる小さな印刷物、フライヤー。チラシやビラとも呼ばれるこうした印刷物は、非常に古典的な宣伝メディアでありながら、スマートフォンにインターネットの現代にあってもなお、活躍し続けています。SNSなどで誰でも無料で情報発信ができる今だからこそ、数多ある作品展やイベントの中から人に選んで足を運んでもらうためには、各々のターゲットに的確にアピールし、手に取って見てもらえるフライヤーが大きな力を発揮します。本書はこうしたフライヤーの中でも特にデザイン性に優れたものを集め、美術展・展覧会 / 演劇・ダンス / 映画 / 音楽イベント / フェスティバル・マルシェの5つのパートでご紹介しています。各事例ではイベント主催者側からの依頼にどう対応したか、デザインの意図、書体の選び方、使用した用紙など、実際にフライヤーをつくるときに役立つポイントを解説しています。デザインのアイデアソースとして、またトレンドの参考としても役立ちます。
グラフィックデザイナーさん、フラヤーデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デザインのひきだし22


特集は「今だからこそ知っておきたい『紙』」

本誌史上最大枚数の実物サンプル綴じ込みと共に、世界と日本の紙について徹底特集します。

自分の発想したデザインを、いかに効果的に印刷/加工表現するか。そんなデザイナーに必須な印刷・紙・加工などの技術情報をわかりやすく紹介する『デザインのひきだし』。第22号である今号では「世界各地でつくられている紙から、日本の和紙・洋紙まで徹底取材! 今だからこそ知っておきたい『紙』」を特集します。印刷物には欠かせない紙。日本には印刷用紙だけでも9000種類以上があるといわれていて、和紙や海外の紙を含めるとその数は膨大です。そんな「紙」について、最新情報から伝統ある紙、これから注目の紙など、豊富なサンプルとともに大特集しています。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずパッケージデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


特集は「今のデザインよりもむしろ新しい?西洋デザイン史萌え!」

今月のMdNは、萌え視点で偉大なる先人のデザインの魅力をお届けします。 20世紀の間に、グラフィックデザインでは多くの名作が生まれてきました。 それこそ何十年前、百年近く前のデザインだって、「今見ても新しい!むしろ"今"じゃん!!」と思えるものも。
西洋のグラフィックデザイン史を更新してきた著名な12のデザイナー、デザインチームに注目して、彼らのデザインに惚れ込んだ現代のクリエイターに、その「萌え」ポイントを分かりやすく解説してもらいました。

■西洋デザイン史の萌えポイント
■このデザイナーたちに萌える
■先人から受け継がれていくデザインのミーム?
■「西洋デザイン史」年表 ―近代から現代に萌える!―
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Liquor Typeface」


グラフィックデザイナー「Bayley Design」制作によるフリーフォント「Liquor Typeface」。
素敵なポートフォリオサイトもぜひご覧下さい。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさん、WEBデザイナーさんお勧めのフォントです。
http://bayleydesign.tumblr.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

デジタルエージェンシー「Akaru」


フランスを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Akaru」
インタラクティブなWEBサイト制作が特徴的です。プロジェクトにおいて高い価値を生み出すため、コンサルティング、アートディレクション、デザインの3本柱を軸にスムーズなプロジェクト進行をしているエージェンシーです。
アートディレクターさん、WEBデザイナーさん、UIデザイナーさんにお勧めです。

http://www.akaru.fr


手順通りにサンプルサイトを作りながら、導入から構築、運用までを、やさしくマスターできる!

WordPress日本語版Ver.3.3/Ver.3.3.1対応
WordPressを本格的に使いたい、WordPressで集客したい、ビジネスサイトを作りたい、そんな人に向けた、
・基本導入
・ユーザビリティ向上
・SEO
・セキュリティ対策
・アクセス解析
・プラグイン開発
・パフォーマンスチューニング
など、
サイトを立ち上げアクセスアップを図り、効率のよい運用を実現するための基本テクニックを、やさしくマスターできます。
手順通りに作業するだけで、本書のために開発・デザインしたサンプルテンプレートを使い、学習を進めることができます。
学習用のサンプルテンプレートは、実際のビジネスサイトで使われる基本機能がすべて組み込まれた汎用性の高いものです。
サンプルテンプレートの解説を理解することで、WordPressをさまざまなサイトに応用できる高度なスキルも身につきます。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


スタイリッシュで使いやすい素材が盛りだくさん!

さまざまなシーンで使えるおしゃれな素材を、付属DVD-ROMに1,100点収録しました!
素材は内容に合わせてPNG、JPEG、Illustrator、Photoshopブラシの各形式で収録しています。

素材は
水彩シルエット/線画イラスト/宝石/ノート&メモ帳/リボン/布パーツ/マグカップ/筆記具/丸めた紙/数字/ドット絵/刺しゅうパーツ/スタンプ/空き箱/手描きイラスト/布地/袋/切り絵イラスト/紙パーツ/フレーム/封筒/ゴシックパーツ/レー
など、幅広いジャンルを網羅!/プロのクリエイターが制作しているのでハイクオリティなものばかりです。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


これが"今の主流"の使い方! プロが現場で使う上級テクニックを解説。

Webサイト制作の現場で活用できる、HTML5の実践的なテクニックを集めた解説書。HTMLの最新バージョンであるHTML5は、ブラウザだけで華やかな演出や高度な処理が可能になる点などが注目を集め、制作現場で主流の技術のひとつになりつつあります。しかし、実際のWeb制作では、単にHTML5でマークアップを行うだけでは、HTML5の機能を充分に活用しているとは言い難いでしょう。第一線のプロは「HTML5を使って何を作るのか」「どのように使うのか」を切り口に、JavaScript、jQuery、CSS3、CSSフレームワークなどの技術といっしょに活用するテクニックを解説したのが本書の特長です。
全体は4章構成で、canvas要素・SVG要素を活用したアニメーションや、画像を加工するWebアプリのUIなどの制作方法を掘り下げています。IntroductionにはHTML5でのマークアップや新しい要素といった基本事項をまとめたほか、サンプルデータをダウンロード提供しています。実際のサイトでHTML5の取り入れ方がわからない、デザインや演出のアイデアはあるが、どの技術で実現できるのかわからないなどといった方には、特に役立つ内容です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

レイアウト、基本の「き」


デザイナーを目指す人、必見!
レイアウトができない、上達しないのは、「基本中の基本」がわかっていないからかも。

今までレイアウトなんて一度もやったことがないのに、自分で手がけなくてはならなくなった。美大に通っているけど、実際にチラシをレイアウトしてみようと思ったら、どうにもうまくまとまらない。デザイン事務所で働きだしたけど、なかなかレイアウトにOKがでない。こんな悩みを持った人に、ぜひとも読んでもらいたいのが本書。今までのレイアウトの入門書とはひと味もふた味も違うレイアウトの本です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


戦場、企業、病院、サブカルで創造する、新しい波、ソーシャルアート(社会芸術)特集!

ソーシャルアートの歴史は、すでに100年あるんです。
アーツ・アンド・クラフツ/ロシア・アバンギャルド/シュルレアリスム/表現主義/未来派/ダダ/バウハウス/レトリスム(文字主義)/シチュアシオニスム/5月革命/フルクサス/アンダーグラウンド/シュタイナー/ボイス国際自由大学/パブリックアート/日本の運動(社会変革、カルチャーレボリューション、アンダーグラウンド革命、新芸術教育などの表現)

今のソーシャル・アート戦線はこうです。
<死>と向かい合う戦場写真家/<性>を究めるアメリカSMアーティスト/<身体>を拓くコンテンポラリーダンサー/<政治>を見るヴィデオ・アクティヴィスト/<音>で生まれかわる音楽療法家/<働くこと>がアートである社会起業家など/<カフェ>での語りが......
登場するアーティスト:パク・チャヌク、midori、ティテリー・テロン、ヨーゼフ・ボイス、ケン・エーリン、丹野収一、川俣正など多数。
アートディレクターさん、グラフィックデザイナーさんのみならずエディトリアルデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


広告界の革命児が説く、クリエイティブの知恵。

米広告界の伝説的アートディレクター「ジョージ・ロイス(1931年〜)」が、自身の経験をもとにクリエイティビティのためのヒントを120のキーワードで解き明かす。

開局以来絶望的な状況にあったMTVが脚光を浴びるきっかけとなった「I want my MTV」キャンペーン。
デビュー間もない「トミー・ヒルフィガー」を一躍人気ブランドに押し上げたビルボード広告。
アンディ・ウォーホルがキャンベル缶で溺れるというビジュアルでポップアートを皮肉った「エスクァイア」の表紙...。
これらは、ロイスのどんなクリエイティブマインドから生まれたのか。
アートディレクターさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


美しいレイアウトは、グリッドだけではありません。本書は、ランダムや左右対称など、計8つのシステムで、より魅力的に見る者をひきつけるレイアウト方法を伝授します。すべてのシステムの解説は、デヴィッド・カーソンやサイトウ・マコトをはじめとするプロのデザイナーの事例と、学生による、試行錯誤の経過がわかる研究例で構成されています。本書で学べば、バリエーション豊かなデザインの表現が、確実に身に付きます。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずエディトリアルデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

新装版 デザイン随想 離陸 着陸


日本のグラフィックデザインの礎を築いた、アートディレクター亀倉雄策の124編のエッセイ

1950年代、日本に「デザイナー」という名称はなかった。それまで「図版」と呼ばれていたものを、誇りをもって「デザイン」と呼び、常に日本のデザイン界の第一線で活躍していたのが、本書の著者、亀倉雄策だ。東京オリンピック、万博といった、60?70年代の相次ぐ世界的なイベントの開催にともなって、亀倉の手掛けたポスターやマークなどは、国家的行事の顔となったものが多い。
当時から、企業の経営トップと対等な関係を築き、企業と社会の接点でアートディレクターとして舵取りをしていた亀倉。本書は、自身のデザインワークについて、デザイン批評、社会を見る眼など、わかりやすい語り口で語られた124編からなるエッセイ集だ。
今の時代のデザイナーにこそ必要な強い信念と、鋭い視点にあふれていると同時に、骨太な亀倉の人となりが伝わってくる。
グラフィックデザイナーさん、WEBデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊。

amazon.co.jpで購入する!

フェルメール


フェルメールを愛する16人が魅力を語る

研究者、小説家、アーティストなど、フェルメールを愛する16人が集結。
その魅力のすべてを、それぞれのキーワードとともに解説していきます。
巻頭では、画家・諏訪敦がマウリッツハイス美術館を訪ね、
同じ絵を描くものとしてフェルメール作品の美しさの理由を解説。
このほか、映画監督・ピーター・グリーナウェイ、研究者・小林頼子、ジャーナリスト・朽木ゆり子、
アーティスト・森村泰昌、小説家・有吉玉青、生物学者・福岡伸一、漫画家・今日マチ子など。
超豪華ラインナップによる、フェルメール最新案内です。
アートディレクターさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

物語のある広告コピー


広告は時に、小説より面白い。

広告の中で、商品の機能や企業コンセプトを伝える「ボディコピー」。本書では、その「ボディコピー」の中でも特にストーリー性が強く、詩や短編小説のような世界観で綴られた作品を紹介します。ブランドメッセージの伝え方を学ぶコピーライターの「教科書」としてはもちろん、ストーリーを味わう「エッセイ・物語集」としても楽しめます。
アートディレクターさん、WEBデザイナーさんのみならずグラフィックデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

ILLUSTRATION 2014 イラストレーション 2014


今を象徴するイラストレーター150名が集結した究極のイラストレーター・ファイル

ボーカロイドやpixiv、Tumblrやニコニコ動画といったネットカルチャー、そしてアニメや漫画、ラノベや書籍、ゲームやストリートカルチャー、現代アートなど、今、世界中が注目する、日本独自の多彩なイラストシーンを横断した、実力派人気作家150名による豪華競演です。
2014年のカバーイラストは、世界的なコスメブランド「shu uemura」とのコラボレーションや、人気ミュージシャンkzが主宰する「livetune」のジャケットビジュアルを手がけるなど、今もっとも注目を集めているイラストレーター、mebaeによる描きおろし。ブックデザインは、多くの作家が信頼を寄せる気鋭デザイナー、TATSDESIGNが担当。
それぞれの作家が持つ世界観の魅力、絵の美しさ・面白さを誌面上で存分に堪能いただくため、画集やアートプリントに特化した印刷技術「ブリリアントパレット (R)」を本書に使用。このほか、掲載作家のプロフィール情報として、「Webサイト」「メールアドレス」「Twitter ID」「制作環境」「作家本人によるコメント文」を掲載しています。
「今」をアーカイブしたイラストレーションの図録として、永久保存版の一冊。現在のトレンドを掴むビジュアルブック、仕事を依頼するための参考資料、好きな作家や、未知の気鋭作家と出会うためのアイテムといった用途で、『ILLUSTRATION 2014』をぜひお役立ていただければ幸いです。
イラストレーターさん、アートディレクターさんのみならずWEBデザイナーさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

欧文タイポグラフィの基本


欧文組版でもう悩まない! 初心者向け教科書の決定版!

社会のグローバル化とともに英語だけで文字を組む機会が増えている昨今、プロのデザイナーでもどのように欧文を組んだらよいか、わからないまま組版をしているのではないでしょうか。欧米人が読んでも違和感のない欧文を日本人が組むには欧文組版の基礎知識が不可欠です。
本書は、アメリカの名門美術学校で教鞭をとる書体デザイナーのサイラス・ハイスミス氏が初心者向けに書いた欧文組版の教科書です。すべて見開きで完結しており、わかりやすい文章と親しみやすいイラストでどのページからでも読み始めることができます。専門知識のない方でも理解できるように構成されているので、デザイナーのほか、ビジネスで欧文レターを書く方にも役立ちます。
『欧文書体』『フォントのふしぎ』著者で、世界的書体デザイナーの小林章氏が本書を絶賛し、監修も担当。初心者向け欧文組版の決定版です。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


これいいね と必ず言われる 定番&旬な写真加工術

今やデザインをする上で欠かせない、Photoshopによる写真レタッチ、加工。ベーシックなレタッチの基礎はクリエイターにとってもちろん大切ですが、それにプラスして今の時代の空気を読み、クライアントに「いいね!」と言わせるちょっとした工夫や見せ方も重要です。
本書は、プロのクリエイターが厳選した使用頻度の高い実用的・実践的なレタッチをはじめ、「これどうやったんだろう?」「ちょっと真似してみたい!」と思わせる、最新加工術を紹介します。
Photoshopによる写真レタッチ・加工にあまり慣れていない人から、仕事でPhotoshopをすでに使いこなしているという人にも役立つよう、「ベーシック」「人物」「ライフ」「かわいい加工」「かっこいい加工」と章を分けて解説しています。
フォトレタッチャーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

日本の色辞典


日本の伝統色を日本古来の植物染で再現し、総カラー最新ダイレクト製版で見せる、色標本・色名解説の集大成。襲の色目 (かさねのいろめ) 42種も掲載。
日本には美しい色名がいくつもあります。本書では収録した466色のうち209色の日本の伝統色を、日本古来の植物染により再現。色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれながら、日本の色の歴史や文化を平易に解説。
万葉から江戸時代の染職人が行っていた自然の植物から色を汲み出す業を、半生をかけて現在に蘇らせたのは、日本の染色界の第一人者、京都で200年以上続く染屋「染司よしおか」五代目当主の吉岡幸雄氏と染職人の福田伝士氏。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


本書『デザイニング・インターフェース』は、ウェブアプリケーション、インタラクティブなウェブサイト、モバイルデバイスなどのインターフェースをデザインするデザイナーとプログラマーのために、デザイン上の問題に対するすぐに使える解決策を「パターン」として体系化した書籍です。第2版では、「ソーシャルメディア」、「モバイルデバイス向けのデザイン」のそれぞれに対応した章の追加をはじめ、最新のデザインや第1版への読者のフィードバックに対応した構成の見直し、パターンの追加などが全体にわたって行われ、より有用な書籍として生まれ変わりました。優れたユーザインタフェースに対する需要はかつてないほど高まっています。先人たちの試行錯誤の上に成り立つ"ベストプラクティス"としてのパターンは、デザインの質と生産性を向上させ、創造性を発揮するための基盤となることでしょう。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさんのみならずアートディレクターさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

GROOVISIONS MGR


パッケージデザイン、イラストレーション、モーショングラフィック、VI、ウェブ、chappieのマネージメント、ショップ、海外での展覧会...。あらゆるメディアを疾駆するデザインチームGROOVISIONSのスタイルを視覚的に感じとることができるユニークな作品集。代表作を完全網羅。目黒(MGR)時代の約10年を俯瞰する集大成。
グラフィックデザイナーさん、WEBデザイナーさんのみならずパッケージデザイナーさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


世界の問題は、デザインが解決する。

コミュニティを生み出す劇場、泥をエネルギー源とするランプ、
落ち葉と水だけで作られる食器、赤ちゃんの命を守るモニター、
携帯電話を使った遠隔医療、空気をきれいにする建築資材......
世界をより良いものにするための「デザイン」の数々。

2010年ニューヨークで開催された大好評デザイン展
"Why Design Now?"のすべてを収録!
44カ国から集めた138のデザイン・イノベーションの実例集。
WEBデザイナーさん、プロダクトデザイナーさんのみならずクリエイティブディレクターさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


固定観念をスマッシュする!

アートとデザインがいざなう、「世界」への無数の入り口。

社会がより複雑化した21世紀に入り、デザインも大きな変化を遂げています。絶え間なく消費される「新しさ」を生むデザインとは異なり、社会に対する人々の意識に変化を与えるデザインが、今より重要性を増しているといえます。
東京都現代美術館での展覧会「うさぎスマッシュ--世界に触れるアートとデザイン」では、そのようなデザインの実践に焦点を当て、高度に情報化された現代社会の様々な出来事を取り上げ、私たちの手にとれる形にデザインして届ける国内外のデザイナー、アーティスト、建築家、21組の表現を紹介します。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずクリエイティブディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


なぜ私たち1人1人が「デザイン」を考えることが必要なのか?

デザインとは何か。良いデザインと悪いデザインの違いとは何か。それぞれが生活に与える影響とは何か。科学の発達が進む中これからのデザインはどのように進化するのか。本書では、デザインの起源にさかのぼって、著者独自の膨大な事例に基づいたデザイン史を総括しながら、考察を深めていきます。現代の私たちの生活にデザインがいかに入り込んでいるか。どのように企業の戦略として使われているのか。アートとの違いは何か。誰のためにあるものなのか。いまデザインにおいて何を考えるべきかを、さまざまな具体例を挙げながら解明します。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


日本のアール・ブリュット(生の芸術)の可能性を追求してきた
「ボーダレス・アートミュージアム NO-MA」の2004年~2014年の10年間の取り組みをまとめたドキュメント。
関係者によって綴られる歴史とともに、カラー写真による展覧会カタログを収録。
作家 田口ランディ氏、アール・ブリュットコレクション館長 サラ・ロンバルディ氏、
パリ市立アル・サン・ピエール美術館ディレクター マルティーヌ・リュザルディ氏の寄稿、
ならびに東京国立近代美術館主任研究員 保坂健二朗氏と社会福祉法人グロー理事長 北岡賢剛による対談も収録。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


特集は「おもわず手にとる!インパクトのある小型パンフレット」

好評の最新デザインニュースに加え、Vol.4では小型パンフレットを特集します。商品の魅力を効果的に伝えているものや、手に取りたくなる工夫がされている作品を厳選。食品、ファッションそして生活雑貨やサービス業まで、幅広いジャンルに使えるアイデアが満載です。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Brisko Sans」


フォントデザイナー「Dusan Jelesijevic」制作によるフリーフォント「Brisko Sans」。
ポートフォリオも是非ご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.dusanjelesijevic.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

デジタルエージェンシー「Roll Studio」


イギリスを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Roll Studio」
クリエイティビティを発揮するために常に新しいことに挑戦をされています。
クライアントとの対話を大切にし、これまで大手企業からも信頼されてきたエージェンシーです。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん、グラフィックデザイナーさん必見です。

http://www.rollstudio.co.uk

CSS辞典 第5版 [CSS2/3/4対応]


次世代規格を先取りしたCSS辞典が登場!

本書は、Webデザインに必須の技術「CSS」の文法リファレンスです。大幅改定となる第5版は、執筆時点の最新状況を反映し、Web制作を学ぶなら必ず押さえておきたい基本のCSS2.1はもちろん、仕様の策定とブラウザでの実装が進められているCSS3をあわせて掲載。さらにはその次の規格であるCSS4(Level4モジュール)も可能な限りカバーしています。各プロパティや値の対応は、Internet Explorer 11やGoogle Chromeなどの最新ブラウザのほか、iPhoneやAndroidでも検証しているので、サイトの要件に応じて使えるものがすぐ分かります。CSSをこれから覚えるWebデザイン入門者・初学者にも、新しい規格の仕様をきちんと知って仕事に生かしたい現場のプロにも役立ちます。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさんのみならずWEBプロデューサーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

作りながら学ぶjQueryデザインの教科書


美しいUI/UXを実現する技術が必ず身につく

すぐに使える実用サンプルを、作りながら、動かしながら学習!
レスポンシブWebデザインから最新UI/UXまで、この1冊で学べます。

サイトですぐに使えるスクリプトが欲しい。
クールなデザインを手軽に実現したい。
レスポンシブWebデザイン対応のサイトを作りたい。
最新UI/UXを実現したい。
実用的なTIPSを手に入れたい。
jQueryを本気で使えるようになりたい。
そんな人にぴったりです。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさんのみならずUIデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


手描きアニメからプロジェクションマッピング、メディアアートまで。分野を超えて映像の今を一望できる、必携の作家年鑑【2014年版】です(サンプル映像を収録した約50分のDVD付)。巻頭特集は「映像作家のブランディングとマネジメント」。「クリエイターの集うチームとマネジメントの存在意義」、「会社のブランド力を維持するための組織と個人の関係性」、「若手アニメーション作家のセルフブランディング考」、「拠点と仕事の固定フレームを越えて、海外へ」、4つの観点で、活躍する作家が対談を行いました。職種、メディア、手法等、既存のフレームの枠を越え、多種多様な表現がクロスオーバーしたスキームを映像制作者自らが追求し、提案できる時代。映像クリエイターが生み出す最先端の仕事に迫ります。
映像クリエイターさん、映像ディレクターさんのみならずにWEBデザイナーさんもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


アート界を牽引しつづけるビッグアーティスト、ピーター・マックスの姿を、ピーター・マックス自ら解き明かしていく初の自叙伝。
幼少期のエピソードや、アーティストを志したきっかけ、そして、インスピレーションの源や、創作への情熱、作品制作秘話など、時代の寵児のすべてがここに!
書籍初掲載作品も多数収録!
アートディレクターさん、グラフィックデザイナーさんのみならずイラストレーターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


デザイナーなら知っておきたい定番・名作書体の歴史的背景はもちろんのこと、書体ごと、一文字ごとの" デザイン的な特色"をビジュアル解説していることが本書の大きな特徴です。また日本では欧文書体を用いて、ロゴ制作をする機会が多いことにも着目し、欧文ロゴ制作の" 実践的なノウハウ"をレクチャーしています。本書は、デザインの目的にあわせた書体選びに、すぐ役立てることができる、日本人デザイナーのための欧文書体入門の" 決定版"です。
グラフィックデザイナーさん、WEBデザイナーさんのみならずにアートディレクターさんもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


初心者向けデザインシリーズ「これからはじめる」が、Creative Cloudの発売に合わせリニューアル。「作例を作りながら学べる」「短期間で基本操作を習得できる」「大きな文字と画面で読みやすい」といった特徴はそのままに、作例や内容がグレードアップ。また、「ロクナナワークショップ」を主催するロクナナが内容を完全監修。現場のプロもお墨付きの内容になっています。「わかりやすいIllustratorとPhotoshopの本が欲しい」「なるべく早くIllustratorとPhotoshopをマスターしたい!」という方に最適な入門書です。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずDTPデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

会社と仕事を変えるデザインのしかけ


「価格」「品質」「広告」ではなく「デザイン」で差別化しなさい!

本書では、すべてのビジネスマンに向けデザインとマネジメントの関係を実践的に解説しています。
主な内容は、
・残念な結果にならないデザイン基礎知識
・4つのルールを覚えるだけでできるデザイン
・相手に与える印象をコントロールする色の使い方
・フォントの選び方を間違えると損をする
・自分の描いたイメージをデザイナーに伝える方法
・会社にデザインを取り込む順序
・名刺がカッコイイと積極的に名刺交換する
・見込客の警戒心をなくす方法
・TwitterとFacebookのデザインのポイント
・社章を階級別にして、営業成績を上げる
・デザインの活用を競争優位の武器にする、
など、ありそうでなかったマネジメント書です。
アートディレクターさん、グラフィックデザイナーさんのみならずWEBデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


2004年に発売されてから、版を重ねて売れ続けているデザイン書、「Design Rule Index -デザイン、新・100の法則」が新たに25項目加わって改訂されました!本書は数学やインテリア、マーケティングなどで使われている各法則をデザインにあてはめて解説しています。その内容は、黄金比、アフォーダンス、SN比、魅力志向、閉合などはもちろん、今回新たに命題密度やペルソナ、不気味の谷など、時代の流れに合わせてコンテンツも加筆・修正され、より質の高い1冊となっています。
WEBデザイナーさん、グラフィックデザイナーさんのみならずエディトリアルデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


国内外で活躍中のデザイナーが手掛けた、ポスター事例を約300点、選び抜いて紹介します。もとよりグラフィックデザイナーの主要制作物であり、クリエイティビティが存分に発揮され得る「ポスター」という形態・媒体に今一度注目し、商業広告の枠に収まらない、優れたグラフィックワーク(クライアントワーク/オリジナルワーク)を集めました。デザインの実験場から発信される、グラフィックの最前線がここにあります。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

デジタルデザイナー「Jonathan Da Costa」


フランスを拠点に活動するデジタルデザイナー「Jonathan Da Costa」
著名なサイトでさまざまな賞を獲得し、パリを中心に展示会や講演も行っています。
デスクトップだけでなくスマートフォンなどのデザインも手掛け総合的に評価が高いデザイナーです。
アートディレクターさん、WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.jonathandacosta.com

お勧めフリーフォント「Cyntho」


フォントデザイナー「Denis Masharov」制作によるフリーフォント「Cyntho」。
ホームページでも彼の作成した数々のフォントをご覧頂く事ができます。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://minttype.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

レトロな印刷物 ご家族の博物紙


商品にしろ広告にしろ、
デザインをする時に最初に考えなくてはならないことは、
誰が使うか、誰が見るのか、ということ。
レトロな印刷物を消費者(家族構成)で分類して章立てした。
本のノドから湧いて出てくるような、レイアウトも斬新。
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


オランダを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Build in Amsterdam」
デザイナーと開発者からなる小さなチーム体制をとり、
デザインと技術を組み合わせることでWeb業界で幅広く活躍されている企業です。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさん必見です。

http://www.buildinamsterdam.com

Pen (ペン) 2014年 6/15号


特集は「手に取りたくなる珠玉の名作たち。 美しいブック・デザイン」

世の中に出される本の数だけ、未知なる世界がある。
紙のページをめくって進む、その旅の楽しみは、何ものにも代えがたく、時に夜通し耽ってしまうこともあるだろう。
心に響くイラストレーション、精緻に流れるタイポグラフィ。
美しい装丁の本は、人をハッとさせるだけでなく、その本を、一生手元に置いておきたい、パートナーにさえしてしまう。
だから、スマホやタブレットで読む行為が日常的になっても、私たちは紙の本が好きだ。
いま美しい本をつくり出すデザイナーは誰か? 話題のあの本は、どのようにデザインされたのか?
この特集では、ブック・デザインのトレンドのほか、名作の数々で本とデザインの歴史をひも解く。知ればきっと、驚くはずだ。
デザイナーたちは、旅へ誘う魅力的な本をつくるために、どれほど細心の注意を払い、大胆なたくらみを、静かに仕掛けてきていることか。
本がますます好きになることを、この特集は約束しよう。一緒に旅立ちたくなる本が世界にはこんなにたくさんある!
グラフィックデザイナーさん、エディトリアルディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Kelson Sans」


フォントデザイナー「Bruno Mello」制作によるフリーフォント「Kelson Sans」。
ポートフォリオも素敵です。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんお勧めのフォントです。
http://www.brunomello.com

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。


WordPressを使って、誰でも簡単にお店のサイトを作る方法を解説!
おしゃれで今風のお店のサイトが作りたい、という要望に応えます。

イートインを併設したパンやさんのサイトを題材に、サイト制作の手順を解説していきます。
店舗や商品のイメージ写真の載せ方や、メニュー紹介、お店の位置を知らせる地図、ブログやTwitterによるキャンペーンやセール情報をお知らせするなど、お店をアピールするために必要なページの作り方を解説します。
飲食店のサイト制作に使える素材も収録。
本書の手順に従ってサイトを制作し、素材を使ってアレンジすれば、オリジナルのサイトが作れます。
WEBデザイナーさん、WEBエンジニアさんのみならずアートディレクターさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!


モバイルアプリのUIパターンを手軽に参照できるリファレンス。主要なプラットフォームで動くモバイルアプリの画面例を400点以上使いながら、ユーザーインタフェースの定番パターンをグラフィカルに解説します。本書で紹介する68個の基本パターンと5個のアンチパターンが、使いやすいモバイルアプリをデザインするうえでクリアしなければならない設計上の課題を解決してくれます。
WEBデザイナーさん、UIデザイナーさんのみならずアートディレクターさんにお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

お勧めフリーフォント「Lev Serif」


フォントデザイナー「Leon Hulst」制作によるフリーフォント「Lev Serif」。
ポートフォリオもぜひ一度ご覧下さい。
Webデザイナーさん、グラフィックデザイナーさん、エディトリアルデザイナーさんお勧めのフォントです。
http://www.behance.net/watontwerpers

フリーフォントはこちらからダウンロードできます。

デジタルエージェンシー「Merci-Michel」


フランスを拠点に活動するデジタルエージェンシー「Merci-Michel」
WEBサイト・モバイルアプリ制作を中心にWEB業界で幅広く活躍している企業です。
「職人として」の仕事を貫くことでクライアントの信頼を獲得し、多くの有名な賞も受賞しています。
WEBデザイナーさん、アートディレクターさん、UIデザイナーさん必見です。

http://www.merci-michel.com

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。