色と意味の本 明日誰かに話したくなる色のはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加   


「あなたが見ているその色は、ほんとうは何色ですか?」

白、ピンク、赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫、茶、グレー、黒。
それぞれの色の、意外で不思議なサイドストーリーで読む たのしい色彩学入門。

・空はなぜ青い?
・虹に茶色がないのはなぜ?
・花嫁が(たいてい)白を着る理由は?
・女の子はピンクで、男の子は青なのはなぜ?
・なぜ卵の黄身は黄色い?
・緑の表紙の雑誌は売れない?

色、それは私たちが日常の中で出会うミステリーです。
鉛筆、地下鉄、傘、ネクタイ、サクランボ、葉っぱ、煙......。
世界はあまりにも色にあふれていて、普段は色を意識することすらありません。
しかしある瞬間、突然に、色がそこにあることに気づくのです。

色は無制限にどこにでも存在します。
本書は、子供が赤い消防車を見るように、色を確かに見ることができるように、読者の皆さんを刺激するためにあります。
本書の目的は単純です──皆さんの目を楽しませ、毎日見ている「色」にひそむ意味の世界を、雲が晴れたよう明らかにすることです。
グラフィックデザイナーさん、アートディレクターさんのみならずWebデザイナーさんにもお勧めの1冊です。

amazon.co.jpで購入する!

Go Back Category Page!