やりたいことをやるというビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加   


リサイクルというたしなみ。
Soup Stock Tokyoのスマイルズがリサイクルショップをやるとこうなった。「生活価値の拡充」を目指し、ビジネスシーンを駆け抜けてきた遠山正道氏が提案する新業態。丸の内ブリックスクエア、表参道ヒルズでスタートした現代型リサイクルショップ-PASS THE BATONができるまで。2009年、丸の内ブリックスクエアでスタートしたPASS THE BATON。リーマンショックから1年、疲弊した経済状況の最中、「やりたくて、やるべきで、やれること」を形にした現代型リサイクルショップは、翌年は表参道ヒルズに2号店を構え、現在まで新しい価値を提案し続けています。Soup Stock Tokyoの業態開発から14年、今度はリサイクルによる生活価値の拡充を目指した遠山正道氏が考える、マーケティングにも、ITにも、資本主義にもよらない、"やりたいこと"を主語にしたビジネスモデルのあり方。

amazon.co.jpで購入する!

Go Back Category Page!