2012年6月アーカイブ


PART 1 : 時代をリードする、ユニクロ、無印、ソフトバンク、伝統を受け継ぐ、資生堂、とらや、広告表現の深さを感じさせる、サントリー、キューピーなど、これらのブランド力の高い企業のロゴや商品パッケージ、広告媒体は、どんなアートディレクターがどんな思い出作り上げたのかを徹底取材し、ふんだんなビジュアルで紹介する。

PART 2 : 時代を彩った、数々の雑誌のカバー、ロゴの変遷を追う。anan、オリーブ、ポパイ、流行通信、花椿など、その他多くの人気雑誌のアートディレクターである、藤本やすし、仲條正義、服部一成などからデザインのコンセプト、手法を語る。雑誌デザインの歴史的背景を雑誌のコンサルタント的存在、藤本やすしが語る。等
amazon.co.jpで購入する!

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。